2015年02月10日

バルセロナ会長、ネイマール獲得時の脱税疑惑で調査へ

【バルセロナ会長、ネイマール獲得時の脱税疑惑で調査へ】
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、脱税の容疑で調査を受けることになった。

バルセロナとバルトメウ会長は、2013年にFWネイマールを獲得した際、280万ユーロの税金を支払わなかった疑いがある。そのため、検察当局は2日、裁判所に調査を求めた。

ネイマール獲得オペレーションにおける脱税疑惑は、以前から話題になっている。昨年2月、バルセロナは脱税行為があったことを否定しながらも、告発されたことを受けて、1350万ユーロを支払っていた。当初の予定では910万ユーロを支払うものと見られていたが、リスク回避のために、今回の280万ユーロを考慮した上で1350万ユーロという額を支払ったようだ。

しかし、バルトメウ会長に嫌疑がかかることは予想外だった。仮に告発が受理されて有罪判決となると、1〜5年の懲役刑になる可能性もある。

バルトメウ会長は、この騒動に腹を立てている。スペイン『マルカ』などが、同会長のコメントを伝えた。

「ネイマールがバルサに行ったことが気にくわない人間が政府にいる。独立コンサートをカンプ・ノウでやったからだ。レアル・マドリーが裏にいるとは言わない。しかし、ネイマールの父は2つのクラブからオファーがあると言っていた。バルサとマドリーの2つのみ、だとね」

(転載元:http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/02/04/8589752/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%8D%B2%E5%BE%97%E6%99%82%E3%81%AE%E8%84%B1%E7%A8%8E%E7%96%91%E6%83%91%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%B8)


疑惑の行方は…。
タグ:脱税
posted by 株式会社アクション at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする